通販サイトで睡眠薬を買うときのデメリットと注意点

通販サイトで睡眠薬を買うときのデメリットと注意点

日本人成人の5人に1人が睡眠障害を抱えていると言われている中、睡眠薬の需要はますます高まっているといえます。

睡眠薬はドラッグストアなどでも販売されていますが、市販の睡眠薬は成分量が少ないために慢性的な睡眠障害・不眠症にはあまり効果が期待できません。

そこで密かに注目されているのが、海外製医薬品の個人輸入代行を行っている通販サイトです。
そこではルネスタやソナタといった催眠効果の高いお薬が格安で買うことができます。

処方箋不要なので病院にかからなくても睡眠薬が手に入る通販サイトは非常に便利で、お財布にもやさしいのですが、デメリットや注意すべき点もあります

デメリット1:100%自己責任で使用する

睡眠薬通販は自己責任

病院で処方箋をもらって出されたお薬は、医師が必要だと判断して提供してくれたお薬です。

よって、万が一重い副作用が起こって後遺症を患ってしまった場合は、「医薬品副作用被害救済制度」という制度を利用して医療費や障害年金などの給付金を受け取ることができます。

しかし、通販サイトでは処方箋がない状態で医療用の睡眠薬を購入するので、万が一のことがあってもすべて自己責任となってしまうのです。

たまに副作用のリスクや併用禁止薬などを確認せずに薬を服用している方がいるのですが、いつ何が起こるかわからないので、薬を服用する前に説明書をしっかり読んでおくことが重要です。

デメリット2:自分に合う薬を探さないといけない

自分に合う薬を探さないといけない

睡眠薬とひとくちで言ってもさまざまな成分があり、それぞれ作用や効果が異なります

病院で睡眠の質について医師に話せば、医師はそれに適した睡眠薬を処方してくれるのですが、通販サイトでは自分に合う睡眠薬を自分で探すことになります。

知識がないままテキトーに選んでも、合わなかったら意味がありません。
事前に睡眠薬についてリサーチしておくことが大切です。

デメリット3:悪徳業者の被害に遭う可能性がある

被害に遭う可能性がある

睡眠薬の個人輸入代行を行っている通販サイトはいくつも存在していて、ネットで探せばすぐに見つかります。

しかし、どのサイトもきちんと本物の睡眠薬を送ってくるとは限りませんし、代金を振り込んだ後に連絡がつかなくなってしまったというケースも過去に起こっています。

そのような悪徳業者の餌食にならないように、サイト選びを慎重に行いましょう

下記の点にすべて当てはまるサイトが、信頼性の高い通販サイトです:

・サイト内に特定商取引の記載がある
・正規品保証制度を設けている
・クレジットカードでの支払いが可能

ルネスタやソナタなどのジェネリック医薬品や、ソミナーなどの日本では未承認の睡眠薬が多く販売されています。

睡眠薬の通販サイトは、睡眠薬を処方してもらっているけれど医療費がかかっている方や、忙しくて病院を受診する余裕がない方などにオススメです。

睡眠薬通販サイトのバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする