入眠作用で選ぶ!ルネスタのジェネリックが通販で買える

ルネスタのジェネリックを通販で買う

カラダは疲れているのにいつまで経っても眠れない・・
眠れずに横になっている時間だけが過ぎていく・・

このような入眠障害の症状に役立つのがルネスタ
服用から30分~1時間ほどで眠りにつけるという入眠の速さで人気の睡眠薬です。

医療機関を受診すれば処方してもらえますが、海外のジェネリック品なら通販(個人輸入)での購入が可能

ルネスタの効果をもっと手軽に試してみませんか?

即効性のルネスタ!通販で買えるジェネリック

眠りたいのに眠れないという症状に対して、ルネスタがどのくらい頼れるのか?
睡眠薬としての働きや服用方法についてみていきましょう。

同じ作用を持つジェネリック商品のラインナップもあわせてご紹介します!

ルネスタの入眠効果

ルネスタの有効成分はエスゾピクロン
非ベンゾジアゼピン系という分類の薬剤で、GABA(ガンマアミノ酪酸)という神経伝達物質を活性化して脳の興奮や緊張を穏やかにする作用があります。

睡眠薬としての特徴は、

半減期5時間
血中濃度のピークは1時間後

(※半減期・・ピークに達した血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことで、作用時間の目安)

服用してから1時間後にもっとも効果を感じやすく、その後およそ5時間は作用が続くということです。

この特徴をふまえると、服用のタイミングは就寝の1時間前。
ルネスタを飲んでからどのくらいで眠くなるかは個人差がありますが、早い人で服用~15分、ほとんどの人が30分~1時間以内に眠れているようです。

一度で服用できるのは3mgまでなので1~2mgから試してみて、効きが弱いと感じたときに3mgへ増量してみてください。

作用時間が5時間前後なので、眠気やだるさを翌朝に引きずらないのもルネスタのうれしい特徴。
布団に入って眠くなるまでゴロゴロ・・という時間がほとんどない上に薬のキレもいいので、睡眠薬をはじめて使ってみるという人にもおススメです。

ルネスタのジェネリック商品をチェック!

ルネスタのジェネリック医薬品は日本では未発売。
インドやフィリピンなどで流通しているジェネリックを輸入することで、睡眠薬のコストカットが可能になります。

フルナイト

【フルナイト】Sun Pharma社(インド)

2mg 50錠/4,040円~

エスゾピック

【エスゾピック】Lloyd Laboratories社(フィリピン)

2mg 30錠/2,370円~
3mg 30錠/2,840円~

ハイプナイト

【ハイプナイト】Consern Pharma 社(インド)

1mg 50錠/3,140円~
2mg 50錠/4,040円~
3mg 50錠/4,940円~

ルネスタ系睡眠薬で気をつけたい副作用

睡眠薬を服用する際に気をつけるべきこと」のページでも述べている通り、どんな睡眠薬にも副作用のリスクはあります。

副作用の現れ方には個人差がありますが、どんな症状が現れるのか?対策は必要なのか?についてきちんと理解しておくことが大切。

記憶障害が起きやすい

ルネスタの副作用には、味覚障害(苦味)ふらつきめまいなどが挙げられます。

いずれの症状に対しても十分な注意が必要ですが、とくに気をつけておきたいのが記憶障害

作用が早い睡眠薬で起こりやすい物忘れの症状で、服薬してから眠りにつくまでに起こったことを覚えておらず前向性健忘と呼ばれます。

自分が何をしたか覚えていないのに起きている時と同じように夜食を食べたりおしゃべりしたりするので、翌日になって行動の痕跡を見つけてビックリ・・。
眠っているあいだに小人が靴を作ってくれる童話・「小人の靴屋」にかけて、「ダイエット中なのに小人がラーメン食べていた」「小人が部屋を片づけてくれていた」という具合に小人さん現象と言うことも。

とはいえ無意識での行動はとても危険です。
車やバイクの運転、料理など、大きな事故につながりかねない行為を避けるためにも、就寝準備をしっかりと整えたうえで睡眠薬を飲んで眠りにつきましょう。

耐性→依存のリスク

早く効いてキレがいい睡眠薬は、身体が薬による急激な変化に慣れようとするため
耐性(薬が効きにくくなること)がつきやすいのがデメリット。

飲めば寝られるという実感が得やすい分、薬がないと眠れない・・という不安から依存しやすいという危険もはらんでいます。

ルネスタを飲めば寝られるけど不眠症は続いているという場合、服薬が長期間に渡ってしまうことで依存や離脱症状のリスクは増加。

減薬や断薬を試みても・・
焦燥感や不安が大きくなる(精神的な症状)
頭痛や発汗、ふるえ、手足のしびれなどが起こる(身体的な症状)

このような状態にならないよう、薬に頼るという生活をダラダラと続けないことが大切です。

睡眠薬の服用は可能な限り少量で短期間にとどめることを前提に、薬ナシで眠れるようになるための生活習慣や体質改善も心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする